ラジオで思い出すこと

ラジオで思い出すことの一つに311の前の異変があります。

2011年3月11日に起こった東日本大震災の一週間ぐらい前から、AMラジオにやたらと雑音が増えました。

地場がおかしくなっていたのでしょうか。そのあたりはわかりませんが、ラジオが途切れたり、急に感度が良くなったりしたのを今でもはっきりと覚えています。

地震の予想はおそらくそういった現象をもとに行っていると思うのですが、あの当時この異変についてテレビはおろかインターネットでも目にすることはなかったと思います。

私の思い込みでしかないかもしれませんが、またそういったラジオの異変を感じた時にはこのブログで報告をさせていただきます。

もう二度とあのような惨事を経験したくないですからね。

最近も様々な地域で災害がありますね。広島周辺の豪雨、九州の大地震など年に数回は災害と呼べるレベルの自然の猛威を見る機会が増えました。

地球温暖化がどうとか、メディアは言われていますが私たちにできることは、どのような災害が起きようとも、どうしたらよいのかを知り、それを実行することだと思います。

あらかじめ災害時に必要なものは準備し、起こってからあわてて近隣の店舗に駆け込み、品薄の商品を奪い合うように買い求めるのは寂しい限りです。

ラジオも含め、必要なものの準備はしておきたいものです。出会い系 北九州

コメントは受け付けていません。